国内外ニュース

「部分月食」を撮影、岡山・倉敷 台風一過の夜空に

 部分月食で全体の4分の1ほどが欠けた月=8日午前3時20分、福岡市  部分月食で全体の4分の1ほどが欠けた月=8日午前3時20分、福岡市
 8日未明に起きた「部分月食」を、岡山県倉敷市にある倉敷科学センターの三島和久学芸員らが撮影した。月食は地球が太陽と月の間に入り、地球の影がかかって月が欠けたように見える現象。福岡市でも観測された。

 三島さんは「台風一過の澄んだ夜空に欠けた満月が浮かび、とても美しく幻想的な光景だった」と話している。

 倉敷市では8日午前2時22分から満月の下側に影がかかり始め、同3時20分ごろに4分の1ほどが欠けた。その後は影が次第に小さくなり、同4時18分に丸い形を取り戻した。

 来年1月31日には、月全体が地球の影に隠れる「皆既月食」が起きる。

(8月8日9時05分)

科学・環境(8月8日)