国内外ニュース

日本株、4カ月連続「買い越し」 外国人投資家、7月

 財務省が8日発表した7月の対外対内証券投資(指定報告機関ベース)によると、外国人投資家による日本への株式投資は、買いが売りを5913億円上回る「買い越し」だった。買い越しは4カ月連続。

 企業の好決算を背景に米国の株価が上昇し、投資家の積極姿勢が強まったためとみられる。

 中長期債は1847億円の買い越し、短期債は2兆6457億円の売り越しだった。

 国内投資家による海外株式投資は1兆1635億円の買い越しで、4カ月続けて買いが上回った。

(8月8日10時06分)

経済(8月8日)