国内外ニュース

国家公務員の給与引き上げ勧告 月給・ボーナス4年連続

 人事院の一宮なほみ総裁(左)から人事院勧告を受け取る安倍首相=8日午前、首相官邸  人事院の一宮なほみ総裁(左)から人事院勧告を受け取る安倍首相=8日午前、首相官邸
 人事院は8日、2017年度の国家公務員一般職の月給を前年度から平均631円(0・15%)、ボーナスに当たる期末・勤勉手当の年間支給月数を0・1カ月多い4・4カ月にそれぞれ引き上げるよう国会と内閣に勧告した。ともに4年連続のプラス。非常勤職員の待遇改善に向け、忌引や結婚の休暇を取りやすくする規則改正を人事院として検討することも報告した。

 勧告通り改定されれば、平均の年間給与は5万1千円(0・8%)増の675万9千円になる。月給は4月にさかのぼって差額を支給、ボーナスは冬に積み増す。

 政府は、来週にも給与関係閣僚会議で対応を協議する。

(8月8日12時16分)

暮らし・話題(8月8日)