国内外ニュース

7月の月間MVPに菅野、秋山ら セ、パ両リーグ

 巨人の菅野投手(左)、西武の秋山外野手  巨人の菅野投手(左)、西武の秋山外野手
 セ、パ両リーグは8日、7月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、セは菅野投手(巨人)と桑原外野手(DeNA)、パは東浜投手(ソフトバンク)と秋山外野手(西武)が選ばれた。菅野は4度目、秋山は3度目の選出で、桑原と東浜は初受賞。

 菅野は4勝0敗、計29回1失点で防御率0・31と圧倒的な投球を続け、5月に続き今季2度目の受賞。桑原はともにリーグトップとなる打率3割8分9厘、出塁率4割3分9厘を記録した。

 東浜は3勝0敗、防御率1・33の好成績を挙げ、自身初の2桁勝利を達成。秋山は打率3割5分1厘をマークし、33安打、19打点、52塁打がリーグ最多だった。

(8月8日14時05分)

プロ野球(8月8日)