国内外ニュース

人口「重心」は岐阜県関市 15年、人口一極集中反映

 人口の一極集中が進む東京都。中央は新宿副都心=6月  人口の一極集中が進む東京都。中央は新宿副都心=6月
 総務省は8日、2015年の国勢調査に基づいて計算した日本の「人口の重心」は、岐阜県関市だったと発表した。前回10年調査と比べ、関市内を南南東へ1・6キロ移動した。人口の重心は国民一人一人の体重が同じと仮定し、日本全体でバランスを保つことができる地点。首都圏への人口一極集中により、東京側に向かって移動を続けている。

 人口の重心は1965年時点で岐阜県美山町(現山県市)にあったが、ほぼ東南東へ動いてきた。移動距離は、高度経済成長で地方から人口流出が進んだ1965~70年の8・3キロが最長で、その後は1~3キロ程度で推移している。

(8月8日16時30分)

暮らし・話題(8月8日)