国内外ニュース

森友学園、保護者側と和解交渉へ 強制退園巡る訴訟

 学校法人「森友学園」(民事再生手続き中)が運営する大阪市淀川区の「塚本幼稚園」を強制退園させられたなどとして、元園児の保護者らが損害賠償を求めた大阪地裁での3件の訴訟で、学園の管財人弁護士が今月、保護者側に和解交渉を申し入れたことが8日、関係者への取材で分かった。保護者側はいずれも前向きに検討しているという。

 保護者らは2015~16年、塚本幼稚園のPTA入会や卒業アルバム購入を断ったことなどを理由に年度途中で退園を余儀なくされたと主張し、学園側に対して3件で計約710万円の慰謝料などを請求した。

(8月8日17時15分)

社会(8月8日)