国内外ニュース

「納豆甲子園」調理場で熱戦 初代王者は調布北高、東京

 「第1回納豆甲子園」で優勝した調布北高の生徒たち=8日午後、東京都渋谷区  「第1回納豆甲子園」で優勝した調布北高の生徒たち=8日午後、東京都渋谷区
 納豆を使った創作料理の高校ナンバーワンを決める「第1回納豆甲子園」(全国納豆協同組合連合会主催)の決勝大会が8日、東京都内で開かれ、地区予選を勝ち抜いた6校の計18人が調理場で熱戦を繰り広げた。納豆をトマトやシソ、チーズと一緒に油揚げで包んで焼いた一品と、生地におからと納豆を使ったドーナツを考案した調布北高(東京)が優勝した。

 地元食材を使った納豆料理と納豆スイーツの2品が課題で、出場者らは納豆を使ったロールキャベツやイカめし、みたらしだんごなどを調理。メニューの独創性や味、調理技能のほか、日本語と英語で行ったプレゼンテーション力を基に審査された。

(8月8日18時30分)

暮らし・話題(8月8日)