国内外ニュース

豪雨影響で今年の鵜飼い再開断念 福岡・朝倉市名物

 九州北部の豪雨で、福岡県朝倉市の原鶴温泉近くの筑後川で行われていた伝統漁の鵜飼いが中断し、今年は再開されないことが決まった。川に土砂が流れ込み、観光客用の屋形船などを出せないため。関係団体の原鶴温泉旅館協同組合が8日、明らかにした。

 組合などによると、例年約3千人の観光客が集まる。今年もアユ漁解禁日の5月20日に始まり、9月末まで行う予定だった。今後は簡易プールなどでの鵜飼いショーを企画し、来年の再開に向けてPRする。

 組合の庄崎茂事務局長(48)は「温泉の宿泊施設はほとんど被害がなく営業している。ぜひ原鶴へ遊びに来て被災地を応援してほしい」と語った。

(8月8日18時46分)

社会(8月8日)