国内外ニュース

羽田空港で最先端サービス実験 東京五輪へ、自動の車いすなど

 公開実証実験でロボット電動車いすが自律走行する様子=8日午後、羽田空港  公開実証実験でロボット電動車いすが自律走行する様子=8日午後、羽田空港
 2020年東京五輪に向け、訪日外国人や障害者も利用しやすい空港を目指し、最先端技術を活用したサービスの公開実証実験が羽田空港国際線ターミナルで始まり、ロボット電動車いすが自律走行する様子などが8日、公開された。

 パナソニック(大阪府門真市)などが開発した電動車いすは、センサーで衝突の恐れがあると判断すると自動停止。空港内の目的地を指示すれば経路を自動で選んで移動できる。

 NTT(東京)は、国際線ターミナルのHPで「かざして案内」というバナーをクリックし、スマートフォンを案内表示などにかざせば、多言語で説明したり、空港内の目的地までのルートを示したりする。

(8月8日19時25分)

暮らし・話題(8月8日)