国内外ニュース

騒いで迷惑をお掛けしました サッカー大会の夜、東京高検

 東京高検管内の検察庁職員が昨年10月、東大の運動場で夜間に騒いで利用禁止となった問題で、高検は8日、「関係者に迷惑を掛け遺憾だ」とのコメントを出した。

 高検によると、7地検の検事と事務官約160人が昨年10月29~30日、東大検見川総合運動場(千葉市)でサッカー大会を開催。29日夜には近くのホテルで懇親会があった。

 29日午後11時40分ごろ、運動場併設の施設に宿泊した事務官十数人が、コンビニでの買い物途中に路上で雑談していたところ、住民から「騒がしい」と注意されたという。施設の門限は過ぎていた。

 東大側は参加者に1年間、宿泊を伴う利用を禁止した。

(8月8日20時51分)

暮らし・話題(8月8日)