国内外ニュース

東大寺にハングル落書きか 国宝・法華堂、奈良

 奈良市の東大寺・法華堂で見つかったハングルのような落書き=8日夜  奈良市の東大寺・法華堂で見つかったハングルのような落書き=8日夜
 奈良県警は8日、奈良市にある世界遺産・東大寺の国宝・法華堂で、ハングルのような落書きがあるのが見つかったと明らかにした。文化財保護法違反の疑いで調べている。

 県警によると、落書きがあったのは法華堂礼堂の高欄(欄干)の側面。8日午前に東大寺の職員が見つけた。県警は周辺の防犯カメラの映像を調べる。

(8月8日23時00分)

社会(8月8日)