国内外ニュース

北朝鮮、グアム周辺に発射と警告 米の軍事行動非難

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍戦略軍は9日、報道官声明を発表し、北朝鮮をけん制する米国の軍事行動を非難、新型中距離弾道ミサイル「火星12」をグアム周辺に向けて発射する作戦を慎重に検討していると警告した。朝鮮中央通信が伝えた。

 声明は、金正恩朝鮮労働党委員長が決断を下せば「任意の時刻に同時多発的、連発的に(作戦が)実行される」と威嚇。米国に対し「われわれがやむを得ず軍事的選択をしなくていいよう、わが国に対する無分別な軍事行動を直ちにやめるべきだ」と強調した。

(8月9日8時30分)

国際(8月9日)