国内外ニュース

米爆撃機が8日に韓国飛来 「いつでも撃墜」と北朝鮮

 【ソウル共同】韓国軍関係者は9日、米軍のB1戦略爆撃機2機が8日に韓国上空に飛来したと明らかにした。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を行った北朝鮮に対して攻撃能力を示し、威嚇する目的とみられる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、B1が8日に韓国へ飛来し攻撃訓練を行ったと非難し、「いつでも撃墜できる準備を整えている」と米国をけん制した。

 B1はグアムの米アンダーセン空軍基地から離陸したとみられる。

 米軍は7月30日にもB1を朝鮮半島周辺に展開させ、航空自衛隊と韓国空軍と順次共同訓練している。

(8月9日11時15分)

国際(8月9日)