国内外ニュース

白山開山1300年で大祭 日本三霊山、石川の神社で

 白山比メ神社で祝詞を上げる宮司と参拝する一般客ら=9日午前、石川県白山市(注)メは、口ヘンに羊  白山比メ神社で祝詞を上げる宮司と参拝する一般客ら=9日午前、石川県白山市(注)メは、口ヘンに羊
 石川、岐阜両県にまたがる白山の開山1300年を記念し、石川県白山市の白山比メ神社(注)で9日、奉祝大祭が始まった。白山は、標高2702メートルで、富士山、立山とともに日本三霊山とされる。9日は、泰澄大師が奈良時代の717年に登頂し開山した旧暦6月18日に当たる。大祭は11日まで。

 神社拝殿では9日午前、宮司が白山に向かって祝詞を上げた。境内では、訪れた一般客らが宮司を見つめながら手を合わせた。

 10、11両日には「白山信仰」が残る新潟、富山など6県の神社や保存会などの団体が、獅子舞や和太鼓の演奏を奉納する。

(注)メの字は、口ヘンに羊

(8月9日11時31分)

暮らし・話題(8月9日)