国内外ニュース

群馬県館林市で38・5度 関東を中心に35度以上の猛暑日

 強い日差しが照りつける中、日傘を差して歩く人たち=9日午前、東京・銀座  強い日差しが照りつける中、日傘を差して歩く人たち=9日午前、東京・銀座
 台風5号が運んだ暖かい空気の影響で、東日本と西日本の太平洋側では9日、午前中から気温が非常に高くなった。気象庁は関東甲信から沖縄・奄美で高温注意情報を出し、熱中症に注意するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風が南から暖かく湿った空気を日本列島に運んだ。この空気が強い日差しでさらに暖められ、非常に蒸し暑くなった。午後1時までの最高気温は、群馬県館林市38・5度、埼玉県越谷市37・4度、東京都青梅市37・2度、東京都心37・1度、千葉県市原市36・9度などで、関東を中心に35度以上の猛暑日になった。

(8月9日13時51分)

社会(8月9日)