国内外ニュース

中国の物価1・4%上昇 7月、伸び率は低下

 【上海共同】中国国家統計局は9日、7月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比で1・4%上昇したと発表した。伸び率は6月から0・1ポイント低下した。中国は景気が堅調なものの、政府は不動産バブル抑制策や、引き締め気味の金融政策を実施しており、消費にも影響した可能性がある。

 市場予想を0・1ポイント下回った。政府の通年の目標である3・0%も下回った。伸び率が低下したのは5カ月ぶり。分野別に見ると、教育文化・娯楽や医療保健などサービス関連が上昇した一方で、豚肉や卵など食品が下落した。

(8月9日12時33分)

経済(8月9日)