国内外ニュース

「一帯一路」積極的に協力 日中与党協議会が共同提言

 「日中与党交流協議会」の会合を終え、記者会見する自民党の二階幹事長(左)。右は公明党の井上幹事長=9日午前、仙台市  「日中与党交流協議会」の会合を終え、記者会見する自民党の二階幹事長(左)。右は公明党の井上幹事長=9日午前、仙台市
 自民、公明両党は9日、中国共産党との定期対話の枠組み「日中与党交流協議会」の会合を仙台市で開き、両国関係の改善と進展に向けた共同提言を取りまとめた。中国が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関して「具体的な協力を積極的に検討する」と明記した。

 会合には、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長や中国共産党の宋濤中央対外連絡部長らが出席した。

 提言は「日中双方が強い責任感と使命感を持ち、大局と長期的視野に立って、2国間関係を健全かつ安定的に発展させる」と確認。「歴史を直視し、平和的発展の道を堅持し『戦略的互恵関係』を推進する」とした。

(8月9日13時10分)

政治(8月9日)