国内外ニュース

豊田衆院議員秘書に青森の町議 騒動後就任、「兼職は問題ない」

 記者会見で豊田真由子衆院議員の政策秘書就任を明らかにした青森県板柳町の松森俊逸町議=9日、同町役場。右は豊田真由子衆院議員  記者会見で豊田真由子衆院議員の政策秘書就任を明らかにした青森県板柳町の松森俊逸町議=9日、同町役場。右は豊田真由子衆院議員
 青森県板柳町の松森俊逸町議(61)は9日、記者会見し、秘書への暴言や暴力行為が問題になり自民党に離党届を出した豊田真由子衆院議員=埼玉4区=の政策秘書に就任したと明らかにした。公設第1秘書を務める妻を支えるためといい、「町議との兼職は法的にも道義的にも問題ない」と主張した。

 松森氏によると、問題発覚後、秘書が続々と辞職。「豊田氏への誤解を解きたい」と6月30日に就任した。本人とはまだ会っておらず、主に国会の事務所に詰めているという。

 衆院事務局によると、国費で給与が支払われる政策秘書は兼職が原則禁止されているが議員が許可して兼職届を提出すれば認められる。

(8月9日17時30分)

政治(8月9日)