国内外ニュース

ペルセウス座流星群が見頃 12日夜から13日未明にかけ

 ペルセウス座流星群  ペルセウス座流星群
 夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が、12日夜から13日未明にかけて見頃となる。国立天文台によると、流れ星のピークは13日午前4時ごろ。ただ今年は空に明るい月が出ているため、天候が良くても観測は少し難しくなりそうだ。

 流星は出現の中心となる「放射点」から四方八方に向けて走る。放射点が空高く昇る未明の時間帯が観測に適している。月がなるべく視界に入らないように暗い方を向き、空の広い範囲を見渡すのがポイントだ。ピークほどではないが前後の期間も見ることができる。

(8月9日17時20分)

科学・環境(8月9日)