国内外ニュース

柔道男子60キロ級は市川が優勝 団体は桐蔭学園、高校総体

 男子60キロ級決勝 比叡山・福田大悟(下)を押さえ込む習志野・市川龍之介=郡山総合体育館  男子60キロ級決勝 比叡山・福田大悟(下)を押さえ込む習志野・市川龍之介=郡山総合体育館
 全国高校総体(インターハイ)第13日は9日、福島県の郡山総合体育館などで4競技が行われ、柔道男子60キロ級は市川龍之介(千葉・習志野)が優勝、3月の全国高校選手権との2冠を達成した。66キロ級は井上拓茉(三重・四日市中央工)、73キロ級は村上優哉(兵庫・神戸国際大付)がそれぞれ制した。

 男子団体決勝は桐蔭学園(神奈川)が崇徳(広島)に4―0で勝ち、11年ぶり3度目の頂点に立った。

 ハンドボールは準決勝が行われ、男子は法政二(神奈川)と氷見(富山)、女子は佼成学園女(東京)と高水(山口)が10日の決勝に進んだ。

(8月9日19時11分)

スポーツ(8月9日)