国内外ニュース

日本版GPS12日に空へ 悪天候で打ち上げ延期

 H2Aロケット35号機の打ち上げ延期について記者会見するJAXA、内閣府、三菱重工の関係者=9日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター  H2Aロケット35号機の打ち上げ延期について記者会見するJAXA、内閣府、三菱重工の関係者=9日午後、鹿児島県の種子島宇宙センター
 日本版の衛星利用測位システム(GPS)をつくるための政府の衛星「みちびき3号機」を搭載したH2Aロケット35号機の打ち上げが、11日午後から12日午後に延期された。三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が9日発表した。発射する鹿児島県の種子島宇宙センター付近の悪天候が予想されるため。

 三菱重工によると、11日は午前9時ごろまで落雷の可能性があり、発射台にある機体の安全性が確保されないという。10日に改めて気象状況を見極め、打ち上げ予定時間を発表する。

(8月9日19時11分)

科学・環境(8月9日)