国内外ニュース

食料自給率23年ぶりの低水準 16年度38%、小麦生産減

 2016年8月、台風で石狩川が氾濫、冠水した北海道深川市の農地  2016年8月、台風で石狩川が氾濫、冠水した北海道深川市の農地
 農林水産省は9日、2016年度のカロリーベースの食料自給率が15年度に比べて1ポイント低下の38%だったと発表した。過去2番目の低さで、記録的冷夏によるコメの不作で37%だった1993年度以来、23年ぶりの低水準。小麦や砂糖原料のテンサイの生産が北海道の台風被害といった天候不順で減少したことが響いた。前年度を下回ったのは6年ぶり。

 食料自給率は、国内で消費される食料を国産でどの程度賄えるかを示す数値。政府は自給率を25年度にカロリーベースで45%にする目標を立てているが、達成は遠のいた。

(8月9日19時46分)

経済(8月9日)