国内外ニュース

自滅につながる行動やめよ 国防長官も北朝鮮警告

 マティス米国防長官  マティス米国防長官
 【ワシントン共同】マティス米国防長官は9日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対し「体制の終わりや人民の滅亡につながる行動をやめるべきだ」と警告する声明を発表した。「孤立を選ぶことをやめ、核兵器の追求から身を引かなければならない」とし、国際社会の求めに応じて核・ミサイル開発を放棄するよう迫った。

 トランプ大統領は8日、北朝鮮が脅迫を続ければ「炎と怒りに直面する」と圧力をかけており、マティス氏も強い調子で北朝鮮を戒めた。

 ティラーソン国務長官は9日、大統領の発言について「金氏が理解できる言葉で強いメッセージを送ろうとした」とし、けん制だったとの認識を示した。

(8月10日5時35分)

国際(8月10日)