国内外ニュース

北アルプス焼岳で小規模の噴気 気象庁、注意呼び掛け

 気象庁は10日、長野県と岐阜県にまたがる北アルプスの焼岳山頂で小規模な噴気が確認されたと発表し、注意を呼び掛けた。噴火警戒レベルは1を継続している。

 気象庁によると、焼岳では9日午後11時50分ごろから10日午前2時ごろにかけて、空振を伴う地震を6回観測。山側の西側約400メートル付近の山腹で白い噴気を確認した。

 このうち、10日午前0時48分には、約100メートルまで噴気が上がった。気象庁は10日、観測班を派遣し、詳細に調べる。

(8月10日9時26分)

社会(8月10日)