国内外ニュース

LINEでいじめ相談、長野県 運営会社と協定

 無料通信アプリ「LINE」の運営会社と子どものいじめや自殺防止に関する連携協定を締結し、協定書を手にする長野県の阿部守一知事(右)=21日午後、長野市  無料通信アプリ「LINE」の運営会社と子どものいじめや自殺防止に関する連携協定を締結し、協定書を手にする長野県の阿部守一知事(右)=21日午後、長野市
 無料通信アプリ「LINE」の運営会社と長野県は21日、子どものいじめや自殺防止に関する連携協定を締結した。中高生からの相談をLINE上で受けるモデル事業を9月に実施する。県によると同様の協定締結は大津市に続き全国2例目。

 モデル事業では、県内の全中高生約12万人を対象に9月10~23日の2週間、午後5時から同9時まで相談を受け付ける。生徒は、LINEで相談窓口のアカウントを登録すれば、県が委託したカウンセラーなどに悩みを相談できる。県は、結果を踏まえ、来年度以降も相談事業を実施するかどうかを決める。

(8月21日16時21分)

社会(8月21日)