国内外ニュース

NY円、109円近辺 北朝鮮情勢に懸念

 【ニューヨーク共同】週明け21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前週末比24銭円高ドル安の1ドル=108円91銭~109円01銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1810~20ドル、128円71~81銭だった。

 米韓軍事演習の開始を受けて北朝鮮情勢が緊迫化するとの懸念を背景に、相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢で始まった。その後は、米西部ジャクソンホールで行われる経済シンポジウムで、連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が25日にどのような講演を行うか内容を見極めようと、もみ合う展開となった。

(8月22日7時32分)

経済(8月22日)