国内外ニュース

民進離党者への対応の違い鮮明 枝野氏と前原氏が公開討論

 民進党代表選の公開討論会を行う、前原元外相(左)と枝野元官房長官=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ  民進党代表選の公開討論会を行う、前原元外相(左)と枝野元官房長官=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
 民進党代表選に立候補した前原誠司元外相(55)と枝野幸男元官房長官(53)は22日、日本記者クラブ主催の公開討論会に臨み、離党者への対応を巡る違いが鮮明となった。枝野氏が「けじめをつける」として次期衆院選で対抗馬擁立を主張し、前原氏は「総合的に勘案すべきだ」と柔軟姿勢を見せた。前原氏が細野豪志元環境相ら離党者との連携を含む野党再編を視野に入れるのに対し、枝野氏は党の結束と統治を優先させる構えだ。

 両氏はアベノミクスに代わる経済政策として再配分を重視する考えを改めて説明し、安倍政権に対抗する方向性で歩調を合わせた。性急な憲法改正に反対する考えも共に示した。

(8月22日17時51分)

政治(8月22日)