国内外ニュース

米軍高官、外交努力優先を強調 対北朝鮮、文氏は自制求める

 22日、PAC3の前で記者会見するハリス米太平洋軍司令官(右から3人目)=ソウル近郊の米軍烏山基地(共同)  22日、PAC3の前で記者会見するハリス米太平洋軍司令官(右から3人目)=ソウル近郊の米軍烏山基地(共同)
 【ソウル共同】ハリス米太平洋軍司令官は22日、ソウル近郊の米軍烏山基地で記者会見し、北朝鮮の核・ミサイル問題の「外交的解決を目指している」と述べ、外交努力を優先していると強調した。

 一方、韓国大統領府によると、文在寅大統領は21日に米議会代表団との会談で、軍事衝突が起きれば「韓国滞在中の外国人や在韓米軍兵士らの命も脅かされる」と発言した。米国に軍事行動を控えるよう求める意図とみられる。

 ハリス氏の会見にはハイテン戦略軍司令官、グリーブス国防総省ミサイル防衛局長も同席。米本土や韓国防衛の担当高官が一堂に会し、米韓の結束をアピールする場で外交努力を強調した。

(8月22日20時45分)

国際(8月22日)