国内外ニュース

五輪マスコットの審査スタート まず条件チェック

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、2042件の応募があった大会マスコットの審査を開始した。8月中は制作条件を満たしているかなど事務的な絞り込みを行う。9月に始まるデザインのチェックは一部をインターネットで中継する方針で、武藤敏郎事務総長は「できるだけオープンな形にしていきたい」と述べた。

 最終候補の3、4作品を公表して全国の小学校の学級単位による投票を12月11日から来年1月19日まで実施する。来年2月上旬に採用作品を発表する予定。

(8月22日20時31分)

国際大会(8月22日)