国内外ニュース

O157食中毒、高崎市が調査 ポテトサラダ出荷の工場

 腸管出血性大腸菌O157の電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)  腸管出血性大腸菌O157の電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)
 埼玉県や群馬県の総菜店で購入したポテトサラダを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した食中毒で、群馬県高崎市は23日までに、ポテトサラダを出荷した同市内の食品加工工場に立ち入り調査をした。感染者が食べたものと同じ製造日のサンプルを持ち帰り、菌の検査をしている。

 高崎市によると、埼玉県から依頼を受け21日と23日に調査に入り、製造工程を確認するなどした。検査中のサンプルは、工場で5~7日に製造されたポテトサラダ。

 埼玉県によると、総菜店を運営する群馬県太田市の「フレッシュコーポレーション」は栃木、群馬、埼玉などで店舗を展開。

(8月23日12時36分)

医療・健康(8月23日)