国内外ニュース

7月粗鋼生産4・3%減 3カ月連続マイナス

 日本鉄鋼連盟が23日発表した7月の粗鋼生産量は前年同月比4・3%減の858万8千トンとなり、3カ月連続で前年実績を下回った。高炉の定期修理が増えたことによる影響が続いたため。

 鉄鋼連盟は「自動車や建設向けの鋼材需要は好調が続いている」と指摘。今後は2020年の東京五輪関連の需要も伸びてくることで生産は持ち直すとの見方を示した。

 鋼種別の生産では、自動車の車体や建物の鉄筋に使われる普通鋼が6・6%減の650万5千トンとなり、3カ月連続のマイナスだった。強度を高める処理などを施した特殊鋼は3・8%増の208万4千トンと15カ月連続で伸びた。

(8月23日15時51分)

経済(8月23日)