国内外ニュース

ガソリン値上がり止まる 全国平均131円30銭

 経済産業省資源エネルギー庁が23日発表した21日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、14日時点の前回調査と同じ131円30銭だった。3週ぶりに値上がりが止まった。

 調査した石油情報センターによると、原油の調達価格がほとんど変わらなかったため、全国的に店頭価格への影響が小さかった。来週は小幅に値下がりすると見込まれる。

 地域別では、岩手や静岡、愛知、京都など9府県が横ばいだった。値上がりは21都県で、埼玉と鳥取の70銭が最も大きい上げ幅だった。値下がりは17道府県で、下げ幅は北海道の70銭が最大。

(8月23日16時30分)

経済(8月23日)