国内外ニュース

広陵4―14花咲徳栄 花咲が猛打で圧倒

 広陵―花咲徳栄 5回表花咲徳栄無死一、三塁、西川が右中間に2点三塁打を放つ=甲子園  広陵―花咲徳栄 5回表花咲徳栄無死一、三塁、西川が右中間に2点三塁打を放つ=甲子園
 花咲徳栄が大勝した。五回までに10安打で10点を挙げた。1、2番で好機をつくって、中軸以下がかえしていく理想的な攻撃。左打者が左投手を苦にしない強い振りが際立った。

 一回無死二、三塁から西川の2点適時打で先制すると、三回にも須永の適時打で2点を加えた。五回には西川、野村の連続長短打などで6点、六回にも4点を挙げて突き放した。投手陣は先発の綱脇が変化球、2番手の清水が速球と持ち味を十分に発揮。2人で13安打を許しながらも、4失点でしのいだ。

 広陵は前半、小刻みに得点したが、集中打がなかった。投手陣は本来の制球力を欠き、痛打を浴びた。

(8月23日17時41分)

高校野球(8月23日)