国内外ニュース

マラソン、東京五輪の酷暑対策 都内合宿でデータ収集

 酷暑が予想される2020年東京五輪のマラソンへの対策を練るための合宿を実施している日本陸連が23日、東京都内で記者会見を開き、河野匡・長距離・マラソン・ディレクターは「想定される条件で選手がどういう反応になるか基礎データを集めている」と説明した。

 17日から24日までの「測定合宿」は東京都内で実施。昨年のリオデジャネイロ五輪代表の福士加代子や世界選手権代表の清田真央ら女子13選手と男子3選手が参加し、女子は30キロ走、男子は20キロ走などを行った。

 暑さへの体の反応を選手個々に調べ、今後の練習メニューや給水の成分などに反映させる狙いがある。

(8月23日17時51分)

国際大会(8月23日)