国内外ニュース

リニアのトンネル初公開 南アルプスの山梨工区

 リニア中央新幹線の南アルプストンネル山梨工区で公開された地質調査用のトンネル=23日、山梨県早川町  リニア中央新幹線の南アルプストンネル山梨工区で公開された地質調査用のトンネル=23日、山梨県早川町
 JR東海は23日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の南アルプストンネル山梨工区(山梨県早川町)で、本線に先行して掘削を進める地質調査用のトンネルを報道陣に公開した。リニアのトンネル内部を公開するのは初めて。

 リニアは東京・品川―名古屋の286キロのうち、8割超がトンネルを通る。南アルプストンネルは早川町と長野県大鹿村を結ぶ全長25キロで、山梨工区の完成は25年10月末の予定。JR東海・山梨工事事務所の有江喜一郎所長は「掘削は順調に進んでおり、本年度中には本線の工事に入りたい。環境保全に気を付けたい」と話した。

(8月23日17時55分)

暮らし・話題(8月23日)