国内外ニュース

ベトナムで日本の梨お披露目 10年ぶり輸入解禁で

 日本の梨のお披露目イベントで、試食用の梨を提供する女性=23日、ベトナム・ホーチミン(共同)  日本の梨のお披露目イベントで、試食用の梨を提供する女性=23日、ベトナム・ホーチミン(共同)
 【ホーチミン共同】ベトナムが日本産の梨の輸入を10年ぶりに解禁したのを受け、南部の商都ホーチミンのデパートで23日、お披露目となる試食、販売イベントが開かれた。

 提供されたのは茨城県産の幸水。県の担当者によると、今月下旬からホーチミンや首都ハノイの各店舗で100トンを目標に販売する。店頭価格は2個入り1パックで約23万ドン(約1100円)の見込み。

 ほかに福島県産の梨を今月下旬に、宮城県産を9月下旬に販売する。

 試食したベトナム人女性は「韓国産のものを食べたことがあるが味は少し違う。無農薬で値段がリーズナブルなら子どもにも食べさせたい」と話した。

(8月23日18時51分)

経済(8月23日)