国内外ニュース

NY株反落、87ドル安 トランプ氏発言が重しに

 【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比87・80ドル安の2万1812・09ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数も19・07ポイント安の6278・41と反落した。

 トランプ米大統領が22日の演説で、メキシコ国境の壁建設に必要な予算を確保できなければ政府機関の閉鎖も辞さないと述べたことが相場の重しとなった。前日に株価が大幅に上昇したため、利益確定の売りもあった。

 個別銘柄では、医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソンや娯楽・メディアのウォルト・ディズニーが安かった。

(8月24日5時45分)

経済(8月24日)