国内外ニュース

全日空が検査迅速化へ最終実証 羽田国内線

 保安検査場の混雑緩和に向け、羽田空港で実施された実証実験=24日午前  保安検査場の混雑緩和に向け、羽田空港で実施された実証実験=24日午前
 空港の国内線保安検査場の混雑緩和に向け、全日空は24日、新たな検査方法の効果を確認する最終的な実証実験を羽田空港で実施した。手荷物検査場の列ごとに設置していた、搭乗券の有効性を確認する機器を検査場手前にまとめ、そこから地上係員がすいている列に旅客を誘導した。

 これまで旅客が搭乗券を機器にかざすのに手間取ってしまうことが多く、係員が作業をサポートした。通過時間を3割ほど短縮できると見込まれ、全日空は来年3月までに羽田など全国8空港で切り替えを目指す。

(8月24日11時26分)

経済(8月24日)