国内外ニュース

少年に懲役6~10年求刑、埼玉 河川敷暴行死

 埼玉県東松山市の都幾川河川敷で昨年8月、アルバイト井上翼さん=当時(16)=を暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職少年(17)の裁判員裁判の論告求刑公判が24日、さいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた。検察側は「結果は重大」として懲役6年以上10年以下の不定期刑を求刑し、結審した。判決は28日。

 論告で検察側は「少年は終始積極的に暴行している。被害者の顔を水没させ、死亡に直結する行為をした」と指摘した。

 弁護側は最終弁論で「成育環境や糖尿病の影響で認知機能が低下していた」として、保護処分が相当と主張した。

(8月24日12時05分)

社会(8月24日)