国内外ニュース

JR、秋に臨時列車8千本 3千万人利用見込み

 JR旅客6社は24日、秋期間(10~11月)に新幹線や在来線特急・急行で、前年同期比6%増の8112本の臨時列車を走らせると発表した。期間中に3連休が2回あり、定期列車を含めた主要線区の利用者は1%増の3165万人を見込む。

 東海道、山陽、九州新幹線は10%増の4651本。東海道新幹線は、秋期間では全体で過去最多の2万2828本を運転する。北海道、東北、上越、北陸新幹線は23%増の1551本。東北新幹線は73%の大幅増となる678本を走らせる。

(8月24日17時21分)

暮らし・話題(8月24日)