国内外ニュース

ジーユーが横浜にデジタル大型店 商品のICタグと店内の鏡を活用

 店内の鏡に商品のタグをかざすと関連情報が表示される、ジーユーの「オシャレナビ・ミラー」のイメージ  店内の鏡に商品のタグをかざすと関連情報が表示される、ジーユーの「オシャレナビ・ミラー」のイメージ
 ファーストリテイリングが運営する低価格ブランド「ジーユー」は24日、商品案内や在庫管理でデジタル技術を駆使した大型店を横浜市に出店すると発表した。商品に付いたICタグを活用し、来店客への情報提供の効率化を図るとともに人手不足問題にも対応する。9月15日に開業する。

 気になる商品のICタグを店内の鏡「オシャレナビ・ミラー」にかざすと、スタイリングの組み合わせの例や購入した人の評価が表示される。買い物カートにはモニターがあり、お薦めの商品の表示や在庫の確認もできる。

 店舗の面積は約2700平方メートルとジーユーでは最大で、従来の2倍の商品を取りそろえる。

(8月24日18時57分)

経済(8月24日)