国内外ニュース

8人感染の店舗は菌不検出 O157ポテサラ集団食中毒

 埼玉と群馬の総菜店で購入したポテトサラダを食べた12人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒で、埼玉県は24日、8人の感染者が出た熊谷市の「でりしゃす籠原店」で全従業員と調理室を調べた結果、菌は検出されなかったと発表した。

 県は「感染者がポテトサラダを購入した7~8日に汚染されていた可能性がなくなったわけではない」としている。感染者1人が出た熊谷店についても調査している。

 群馬県などによると、同県内では前橋市や伊勢崎市の系列店で、3人の感染者が出ている。

(8月24日22時15分)

医療・健康(8月24日)