国内外ニュース

最年少プロ藤井四段、棋王戦敗退 トップ棋士の豊島八段に

 棋王戦本戦トーナメントで豊島将之八段に敗れ、対局を振り返る藤井聡太四段=24日夜、大阪市の関西将棋会館  棋王戦本戦トーナメントで豊島将之八段に敗れ、対局を振り返る藤井聡太四段=24日夜、大阪市の関西将棋会館
 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は24日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の一つ、棋王戦本戦トーナメントでトップ棋士の豊島将之八段(27)に敗れた。これで今期の同棋戦の敗退が決まった。

 対局は同一局面が4回現れた時点で無勝負となる千日手となった。休憩を挟んで行われた指し直し対局は、藤井四段の後手番。難しい局面が続いたが、最後は相手の正確な指し回しに屈した。

 棋王戦の敗退により、2017年度中にタイトル挑戦、獲得する可能性がなくなった。公式戦の通算成績は38勝4敗。

(8月24日21時16分)

文化・芸能(8月24日)