国内外ニュース

カワウソ28日から本格調査 38年ぶり確認の長崎・対馬

 長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ(琉球大動物生態学研究室提供)  長崎県・対馬で2月に赤外線カメラで撮影されたカワウソ(琉球大動物生態学研究室提供)
 環境省は、国内で38年ぶりにカワウソが確認された長崎県・対馬で28日から本格的な調査を始めると24日、発表した。ふんや体毛を集めて、個体数や性別のほか、絶滅したとされるニホンカワウソが生息しているかどうかの特定を目指す。保全策の検討にも役立てる。

 外部の専門家を含む約10人で、海岸や河川を約1週間調べる。ふんなどが見つかればDNA解析する。結果が出るのは9月下旬以降の見込み。捕獲はしない。

 対馬のカワウソは2月、琉球大のチームがツシマヤマネコの調査のため設置したカメラが1匹を捉えた。

(8月24日21時30分)

科学・環境(8月24日)