国内外ニュース

不妊治療の術後に女性死亡 福岡の産婦人科

 福岡県内にある産婦人科の医療施設で昨年11月、不妊治療の手術中に30代女性の容体が急変し、その後死亡していたことが24日、分かった。医療関係者によると、不妊治療の術後に患者が死亡するのは珍しい。この医療施設は高度な不妊治療を行うことで知られており、取材に対し「話をすることは何もない」としている。

 関係者によると、施設は卵管の通り具合の確認や詰まりの除去などのため、女性に全身麻酔をして手術を実施。手術中に卵管に気体を送り込んだところ、容体に異変が起きた。別の病院へ搬送されたが、同12月に死亡した。

(8月25日2時10分)

社会(8月25日)