国内外ニュース

健康被害の米外交官らは16人 キューバ駐在中聴覚障害など訴え

 【ワシントン共同】キューバ駐在の米外交官らが昨年秋以降に聴覚障害などを訴えた問題で、米国務省のナウアート報道官は24日の記者会見で、健康被害に見舞われたのは少なくとも16人に上ると明らかにした。いずれも米国人で、キューバや米国で治療を受けた。

 米政府は、何らかの音響兵器が使われた可能性があるとみている。犯人像や意図は特定されておらず、キューバ政府に原因究明を求めている。

 国務省高官は、外交官らが不調を訴える現象は「今年春以降は起きていない」と語った。

 CBSテレビは、外交官らに軽度の脳損傷や中枢神経系の損傷がみられると報じている。

(8月25日6時50分)

国際(8月25日)