国内外ニュース

8百億円大当たり女性が喜びの声 「もう職場には戻らない」

 宝くじ「パワーボール」で大当たりを出したメービス・ワンジクさん(右)=24日、米マサチューセッツ州(AP=共同)  宝くじ「パワーボール」で大当たりを出したメービス・ワンジクさん(右)=24日、米マサチューセッツ州(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】巨額の賞金が当たる全米規模の宝くじ「パワーボール」で約7億5870万ドル(約830億円)の大当たりを出した東部マサチューセッツ州の医療機関に勤務する女性メービス・ワンジクさん(53)が24日、同州ボストン郊外で記者会見し「うれしい。もう(職場に)戻らないと電話した」と笑顔で明かした。

 米メディアによると、賞金額としては16年1月に出た約16億ドルに次ぐ史上2番目の高額。1人に対する北米の宝くじの賞金額としては今回が過去最高額となる。

 ワンジクさんは「かないそうもない夢を抱いていたけど、ついにかなった。まずはゆっくりしたい」と語った。

(8月25日7時51分)

暮らし・話題(8月25日)