国内外ニュース

「臍帯血」業者ら逮捕へ 無届け投与に加担疑い

 全国の民間クリニックが他人の臍帯血を国に無届けで投与していた問題で、愛媛など4府県警の合同捜査本部が、再生医療安全性確保法違反の疑いで、茨城県つくば市の臍帯血販売業者ら数人を近く逮捕する方針を固めたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。投与に関わった医師についても同容疑で刑事責任を調べている。

 厚生労働省は近く、同容疑で、複数のクリニックを刑事告発する方針。

 捜査本部は、つくば市の業者や京都市のクリニック、福岡市の医療関連会社の関係者らが、複数のクリニックに無届けの投与を促していた可能性もあるとみている。

(8月25日11時21分)

社会(8月25日)