国内外ニュース

米海軍、60日内の改善策指示 第7艦隊相次ぐ事故で

 【ワシントン共同】米海軍のモラン作戦副部長は24日、神奈川県の横須賀基地を拠点とする第7艦隊の管轄海域でイージス艦が絡む事故が相次いだことを受け、再発防止のため水上艦艇の運用体制を見直し、60日以内に改善策を提言するよう米艦隊総軍のデービッドソン司令官に指示した。米海軍が発表した。

 第7艦隊の管轄海域では今年に入り、マラッカ海峡東方で21日にタンカーと衝突した駆逐艦ジョン・S・マケインを含めていずれもイージス艦が絡む事故が4件発生。

 モラン氏は一連の事故は「限定的な発生ではなく、気がかりな傾向の一部」だと懸念を強調した。

(8月25日10時05分)

国際(8月25日)