国内外ニュース

韓国、サムスントップに懲役5年 朴前大統領に厳しい展開

 25日、判決公判のためソウル中央地裁に到着したサムスン電子副会長の李在鎔被告(共同)  25日、判決公判のためソウル中央地裁に到着したサムスン電子副会長の李在鎔被告(共同)
 【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は25日、前大統領の朴槿恵被告(65)=収賄罪などで公判中=への贈賄罪などに問われたサムスングループ経営トップのサムスン電子副会長、李在鎔被告(49)に対し、懲役5年(求刑懲役12年)の実刑判決を言い渡した。

 贈収賄は国政介入事件を巡る朴前大統領の嫌疑の核心で、公判が続いている前大統領にとっては厳しい展開となった。

 地裁は、サムスンから朴前大統領の親友、崔順実被告(61)側への資金援助の一部について、賄賂に当たると判断した。

 サムスン側の弁護士は判決後、「有罪の部分は全て認められない」と述べ、即時控訴する方針を示した。

(8月25日16時47分)

国際(8月25日)